読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるゲーム

近々発売されるゲームで気になる物を紹介します。

まずは、ツーリスト・トロフィー

正にリアル

ツーリスト・トロフィーは、グランツーリスモシリーズを開発したポリフォニーデジタルが手がけるオートバイをテーマとしたリアルライディングシミュレーターです。

グランツーリスモシリーズで培った技術により作られた本作は、まさしく”本物”。

当然ながら車両のグラフィックは今までのバイク関連ゲームの中で最高ではないでしょうか。

また、バイクならではとして、ライダーのグラフィックも描かれるわけですが、ただ単に描かれるのではなく、ライディング姿勢(リーンウィ、ズリーンイン)もちゃんと描写されているのが凄い。

車種も豊富で、スポーツタイプやネイキッド、オフロード、それからスクータまで収録されているのには驚いた。

が、しかし、ZZRシリーズが無い・・・。_| ̄|○

VFR(HONDA)は収録されているのに何故なんだSCE・・・。

さて、このゲーム、コースアウトや転倒した場合、ライダーはどうなるんだろう、と、一番初めに思ったのがこんなことだったりします。

とりあえず、グランツーリスモと同じシステム(焼き直し?)であるので長く遊べるゲームじゃないでしょうか。時間に余裕が有ったら買おうかと思います。

ツーリスト・トロフィー

■メーカー:SCE

■対応機種:PS2

■ジャンル:SLG

■発売日:2006年2月2日

■価格:6,090円(税込)

続いては、I/O

始まりは終わり、終わりが始まるのだ。

I/Oは、GNソフトウェアのオリジナルタイトル第1弾としてリリースされる新作アドベンチャーゲーム

Ever17(KID)のディレクションを担当した中澤工氏と、CROSS†CHANNEL(同じくKID)のシナリオを手がけた田中ロミオ氏が制作に参加しており、両氏の演出するミステリアスな世界観がアドベンチャーゲームファンから注目を集めている。

ゲームの進行方法は、セリフや行動を選びながらシナリオを読み進めていくオーソドックスなもの。

近未来の東京を舞台に主人公となる4人(4つ)のシナリオが展開し、それぞれのシナリオを追うことでストーリー全体に関わる謎が判明するという仕掛けが用意されている。

何も言いません。買いますよ(笑)。

本作やEVER17のように、複数のストーリーを別のキャラクター視点でクリアしていくことにより、物語の全体像が解けるというのは、ゲームならではですね。そして最後にどんでん返しがやって来ると(笑)。

このゲームの醍醐味はそのストーリーの複雑さに有ると思います。

それゆえ、一度プレイしだすと、物語にのめり込み中々やめられないという地獄が待っています。

又、ゲームを100%クリアしても謎が残る所は、ユーザに色々な妄想を駆り立たせます。

ミステリー+アドベンチャーのジャンルが好きな方なら必ずはまると思いますのでゼヒ買ってみてください。あと、志倉千代丸ファンの方もね。

『I/O』

■メーカー:GNソフトウェア

■対応機種:PS2

■ジャンル:SFミステリーアドベンチャー

■発売日:2006年1月26日

■価格:7,140円(税込)

■初回限定版:9,240円(税込)