読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーリングに向けて その1

2006年3月11日

3月になって暖かい日が多くなってきた今日この頃。

私の中で、冬眠していた「ツーリングの虫」が目を覚まし、どっか行けー、遠出しろーと訴えてきます。

そういうわけで(どういう訳だ?)、私の頭の中はツーリングの事で一杯です(ヲイ)。

とりあえず、昨年11月にガレージへ格納して以来、一度もエンジンをかけていないZZRのエンジンの確認を開始。

バイクカバーを外し、キーを回し、セルスイッチをON!!

   「キュキュキュッ」←セルモータの回る音

とりあえず、セルが回っているのでバッテリーは死んでないかな?

しかし、1回でエンジンエンジンはかからず(;´Д`)。

まっ!まぁ年式が古いバイクだし、一度でかからないのは何時もの事だからねー。

気を取り直して、今度はチョークを最大にしてから、もう一度。

   「キュキュキュッ・・ブォーン」←エンジンがかかった音

ヤタッ!!かかった!!ガ、しかし!?

チョークを最大にしているのにエンジン回転数が3000回転しか回ってない。暫くたっても状態は変わらんし。・・・訳わからん!!

しかも、アクセル開けると、エンジンストールした!!

この時点でバイク暦2年目の私はパニックです。

何度やっても同じだし、つたない知識でエンジンオイルかなー?とか考えていた時、ふと燃料系を見ると・・・アッ!!

ガソリンが無い・・・ウーム。

燃料計

昨年ZZRをガレージに格納する時に、ガソリンは殆ど残っていなかったみたいで、4ヶ月の間に残り全てが気化してしまったみたいです。

このときの私、先ほどからのパニックを引きずっていたみたいで、徒歩5分の最寄のGSまで押して行こうとか、ガソリン容器をGSに持って行き購入しようとか考えていました。

で、あたふたしていた時、アッ!!そういえば、ZZRってリザーブタンク付いてるじゃんと思い出したのでした。

で、燃料コックをリザーブに切替えた(←ZZRを購入して初めて触りました)所、あっさりとエンジンがかかるのでありました。

で、その後GSに直行。・・・何だか前途多難な気がしてきた今シーズンの始まりでした。

追記:GSでは給油前にリザーブから通常のほうへ切り替えた事を報告します。